自分だけの印鑑

  • RSS

大人になると、以前では考えられないくらいの高額の買い物や、重要な取引をすることがありますね。そんな時に、印鑑証明を求められることがあります。

しかし、印鑑証明とはそもそも何なのか、社会人の一般常識として印鑑証明の内容を詳しくご説明しましょう。
印鑑証明とは、取引に使用している印鑑が本物であることを書面であらわしているものです。この印鑑証明を出してもらうにはまず印鑑を登録する必要があります。
どんな印鑑でも良いかというとそうではありません。
自分だけの印鑑でなくては防犯上意味がありません。登録をした実印さえあれば多額の取引も出来てしまいますから、どこでも手に入るような三文判では登録できません。出来たとしても実印としての役割は果たせません。
一般的にはハンコ屋さんに行って自分だけのハンコを作ってもらいます。そして、行政の窓口で印鑑を登録します。
印鑑証明があると言うことは、第三者に印鑑が本人のものであると証明してもらっているようなものです。
これでお互いに安心して取引が出来るというわけです。
ちなみに、登録した印鑑は実印と呼ばれます。
印鑑証明は相手を信用していれば必要ないかというと、そうでもありません。有名企業同士の取引でも印鑑証明はよく使用されています。
他に信用するための手段として、お金を預けたりする方法があります。しかし後に返ってくるとはいえ、余計にお金が必要になってしまうのは確かです。
印鑑証明はお金をかけずにおたがいに信頼を得られる便利な方法だといえると思います。

印鑑証明について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

印鑑は人柄を表す
http://www.guide-de-peche-torres.com/

このページの先頭へ