印鑑という習慣

  • RSS

印鑑という習慣をよく考えてみると、不思議な習慣だと思いませんか。 他人が作ったスタンプに大きな責任を負わせて、それひとつあれば多額のお金を借りたり、不動産のやり取りをすることが出来るのです。いわば自分の顔代わりです。

日常的に使用する印鑑を特に認印と呼ぶことがあります。
その用途は郵便物の受け取りや、回覧板を読んだ印として押したりと様々です。
商取引でも実印でなく認印でかまわないとしているところもあります。
実印は安い材質では登録出来ないものもあるので、皆さんそれなりにこだわってお金をかけて作ります。登録するのにも自治体窓口に出向いたりと苦労しますから、実印を使用するときは気を引き締めて使用します。
しかし、民法に照らして考えると認印と実印の効力にさほど差はありません。
実印でなかったからと契約を破棄したり、されたりすることはありません。
法律では印鑑は印鑑として一定の効力を認めているのです。
そのために、認印と言えども馬鹿には出来ません。
大量生産品を使っていると偽造や悪用されて大変な目にあわないとも限りませんね。
また、実印や銀行印と認印を併用している人も居ると思いますが、防犯上の理由でお勧めでるものではありません。現代は様々な技術が発展していますから、印影から印鑑を偽造されないとも限りません。
印鑑はどんなものでも書面上の自分の顔です。
適当に押すことも、適当なものを使用することもすべて自分に返ってくることですから、実印同様、認め印も自分に合ったものを作ってくださいね。

このページの先頭へ